投資信託
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-12

戦国BASARA弐 第壱話 「乱世再び! 裂界武帝・豊臣秀吉降臨!」 感想

戦国BASARA弐 第壱話 「乱世再び! 裂界武帝・豊臣秀吉降臨!」リアルタイムで見れたーーーー!!
一期では一週遅れの視聴だったので、一緒に見れるのがすごくうれしいです。データボタン押し忘れたのなんて気にしない!!
ネタバレ気にしない感想になっているので、未視聴の方はご注意くださいませ~。

第一話 『乱世再び! 裂界武帝・豊臣秀吉降臨!』あらすじ(公式より)
武田と上杉、両軍が激突する合戦の地・川中島。
武田信玄と上杉謙信が雌雄を決するべく、激しい攻防を繰り広げる一方で、川中島東端では宿命に結ばれし蒼紅――伊達政宗と真田幸村もまた、ともに待ち望んだ勝負の刻を迎えていた。
だがそこに突然の奇襲の報。
謎の大軍勢によって、武田・上杉・伊達の三軍は川中島の地に包囲されることになる。
そして謎の軍を率いし者……それは、魔王・織田信長亡き後の日ノ本に再び大乱呼ぶことになる戦国の覇王・豊臣秀吉、その人の出現であった。


初っ端から派手バトルでした!!キャラの説明も無しにいきなり伊達政宗VS真田幸村、御館様VS謙信公のバトルが始まります。
一期見ていない人にはちょっと不親切じゃないかな?と思う分はありましたが、このアニメの方向性である「バトルアニメ」っぷりは良く伝わったんじゃないかと。
政宗の英語技(というか全部英語ですが)「Phantom Dive!!」の叫びや、どう見ても人間業ではない神速謙信様、謎の大爆発と、「ああ、こんなノリだったよなあ」と懐かしくなりました。

作画も相変わらずのハイクオリティー。それもそのはずED(今回は歌はありませんでした)での作画人数が半端ない。第一話から一期最終話以上の人数が参加しています。特にまつの料理はおいしそうでした。
弐期からでも楽しめるという触れ込みだった気がするのですが、キャラクターの紹介等がほとんどなかったので、みられていない方は、一期のまとめ「宴EDITION」が無料公開中なので、そちらを見てからが楽しめそうな気がします。
バンダイチャンネル戦国BASARA 宴EDITION(パーリィーエディション) 上ノ巻
http://www.b-ch.com/ttl/pv_list.php?ttl_c=10&mvc=3_20809_0_0

弐では監督が変わっているということでしたが、端々で一期の雰囲気を再現しようとしているのが感じられました。
ゲームにも忠実につくられていて、特に新キャラの秀吉は2のOP&ストーリーOP通り、降りかかる矢をはじき返す大技に、謎パワーで空を割ったりとド派手なパフォーマンスを披露。
他にも御館様と幸村の殴り合い、政宗の技などを丁寧に描かれていました。
10分間のバトルの後はT.M.RevolutionのOPに。OPは割とまともなバトルアニメっぽいですが、良く動いていて格好良かったです。ただ秀吉が日本列島を握りつぶすかのような図にはちょっと笑いました。
他にも佐助にかすが、小十郎(+伊達のモブ4人衆)、前田慶次、前田利家、まつ、夢吉、竹中半兵衛が登場。
キャラクターが多いため、各人の台詞は少ないのですが、それでも利家とまつの立ち位置が伝わってきました。
なお毛利と長曾我部はイメージのみの登場でした。

ストーリーは強敵秀吉を前にして、西へ向かうことになった幸村。そして小十郎を仲間に引き入れようと竹中中半兵衛が暗躍するところで終了。
半兵衛と小十郎の絡みは「戦国BASARA2」灰原薬版漫画に近いように感じました。
そして西へ向かう幸村が前田慶次とデジャブ。一期ではそのまま最終回まで帰らぬ人になってしまいましたが、今回はどうなるんでしょうか。
それに九州勢は島津もザビーもいなくなってしまいましたし、一体どういう展開になるのか???
ゲーム未プレイの方はもちろん、プレイ済みの人でも展開が気になる第一話でした。

関連記事:戦国 BASARA2/灰原薬 感想

theme : 戦国BASARA
genre : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐 第1話「乱世再び! 裂界武帝・豊臣秀吉降臨!」

いきなり川中島での政宗VS幸村の激突から再開! 待ち望んだ再戦ですね♪ 決着は政宗の勝ちと思われた時、なんか猿ぽいのキター! 武田・...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。